JAIST Repository >
School of Materials Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/10908

Title: ジャイアントリポソームを用いた細胞機能解析
Authors: 濱田, 勉
Issue Date: 2012-07-01
Publisher: 日本薬剤学会
Magazine name: 薬剤学
Volume: 72
Number: 4
Start page: 211
End page: 214
Abstract: 脂質膜小胞(リポソーム)は,生体親和性の高い薬物カプセルとして,これまで数多くの研究開発が行われてきた.このとき用いられるリポソームのサイズは,数十~百nm である.これに対して,近年,細胞サイズ(数十μm)のジャイアントリポソームに関する研究が発展し,細胞機能を解析するためのツールとして利用が進んでいる.すなわち,生体系に対してリポソームを作用させるのではなく,リポソームそのものを細胞のモデルとした研究である.本稿では,我々が進めているジャイアントリポソーム研究の最新の知見について紹介したい.先ず,ジャイアントリポソームの作製および光学顕微鏡観察について簡単に述べる.そして,本実験系が可能とする代表的な研究例として,「膜ダイナミクスの創出」および「ナノ物質の膜作用解析」について説明する.
Rights: Copyright (C) 2012 日本薬剤学会. 濱田勉, 薬剤学, 72(4), 2012, 211-214.
URI: http://hdl.handle.net/10119/10908
Material Type: publisher
Appears in Collections:c10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
18551.pdf495KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology