JAIST Repository >
School of Materials Science >
Grants-in-aid for Scientific Research Papers >
FY 2012 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/11376

Title: ナノファイバーが示すブラウン運動と相間移動現象を利用した材料創製
Other Titles: Material design of polymer composites with nanofibers
Authors: 山口, 政之
Authors(alternative): Yamaguchi, Masayuki
Keywords: ナノコンポジット
カーボンナノチューブ
ナノファイバー
レオロジー
導電性高分子
ポリマーブレンド
ブラウン運動
拡散
Issue Date: 1-Apr-2013
Abstract: 柔軟性の異なるさまざまなナノファーバーが分散したポリマー液体のレオロジー特性を検討した。柔軟なナノファイバーは繊維間の相互作用が特に強く、ごく少量の添加でも伸長粘度にひずみ硬化性が現れることを初めて明らかにした。さらに、ポリマーブレンド中のナノファイバーの局在化を検討し、混和性の違いが偏在量を決定づけていることを解明した。本特徴を利用することで、高分子表面にナノファイバーを局在化させることが可能になる。 : Rheological properties of polymer melts containing nanofibers with various flexibilities are studied. It is firstly found that a small amount of flexible nanofibers provides marked strain-hardening in elongational viscosity owing to interfibrous interaction. Moreover, localization of nanofibers in immiscible polymer blends is studied and found to be determined by the interfacial tension. The phenomenon can be applicable to the surface-modification of a polymer.
Description: 研究種目:基盤研究(B)
研究期間:2010~2012
課題番号:22350102
研究者番号:40401947
研究分野:高分子レオロジー、成形加工
科研費の分科・細目:材料化学、高分子・繊維材料
Language: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/11376
Appears in Collections:2012年度 (FY 2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
22350102seika.pdf348KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology