JAIST Repository >
School of Materials Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/11645

Title: 脂質膜へテロ界面はナノ物質をサイズ依存的に識別する
Authors: 濱田, 勉
Keywords: ナノリスク
ナノ医療
脂質ラフト
ナノ粒子
人工細胞膜
Issue Date: 2013
Publisher: 日本生物物理学会
Magazine name: 生物物理
Volume: 53
Number: 4
Start page: 210
End page: 211
DOI: 10.2142/biophys.53.210
Abstract: 近年、医療や化粧品など多くの産業分野で、新たな機能性材料としてナノ粒子の研究開発が進んでいる.しかし、ナノサイズの物質の生体や人体に対する影響はよく分かっておらず、その客観的な評価基準の確立が急がれている.生体に対する作用機構を理解するためには、生体を構成する細胞の表面、すなわち細胞膜でのナノ粒子の振る舞いを明らかにすることが必須となる.本稿では、生細胞膜の特徴的構造を再現した人工細胞膜(細胞サイズリポソーム)を用いた、脂質膜とナノ粒子との相互作用の研究成果を紹介する.
Rights: Copyright (C) 2013 日本生物物理学会. 濱田勉, 生物物理, 53(4), 2013, 210-211. http://dx.doi.org/10.2142/biophys.53.210
URI: http://hdl.handle.net/10119/11645
Material Type: author
Appears in Collections:c10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19438.pdf597KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology