JAIST Repository >
JAIST >
技術サービス部 業務報告集 >
FY 2012 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/11907

Title: 実験廃液・廃棄物回収の費用削減について
Authors: 能登屋, 治
Issue Date: 2013-08
Publisher: 北陸先端科学技術大学院大学技術サービス部
Magazine name: 国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学技術サービス部業務報告集 : 平成24年度
Start page: 71
End page: 73
Abstract: 北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科およびナノアテリアルテクノロジーセンターから回収される実験廃液および実験廃棄物は,増加傾向にあり,それに従い回収・処理費用も増加傾向にある.昨今の大学運営状況を鑑み,廃液・廃棄物の分別と業者への適正配分により費用削減を行った.回収に伴う作業量が増えたが,費用は削減できた.しかし,運用上の周知不徹底により,手間は増えても費用削減に繋がらない可能性がある.
URI: http://hdl.handle.net/10119/11907
Material Type: publisher
Appears in Collections:平成24年度 (FY 2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H24report_pp71_73.pdf435KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology