JAIST Repository >
School of Materials Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/11925

Title: ナノ粒子-生体膜相互作用の解析:細胞サイズリポソームを用いた物理化学的アプローチ
Authors: 濱田, 勉
Keywords: リポソーム
生体膜
ナノ粒子
ナノリスク
ナノ医療
Issue Date: 2013-06
Publisher: シーエムシー出版
Magazine name: Bio industry
Volume: 30
Number: 6
Start page: 48
End page: 53
Abstract: 近年のナノ粒子の研究開発の進展に伴い、人体に対する安全性の確立、すなわち、生体系への作用メカニズムの理解が急がれている。本稿では、生細胞膜の特徴的構造である膜ドメインを備えた人工細胞膜(細胞サイズリポソーム)を用いた、ナノ粒子と生体膜の相互作用解析の研究を紹介する。生体膜の‘やわらかさ’が、ナノ粒子との相互作用に与える影響について述べる。
Rights: Copyright (C) 2013 シーエムシー出版. 濱田勉, Bio industry, 30(6), 2013, pp.48-53. 本著作物はシーエムシー出版の許可のもとに掲載するものです。
URI: http://hdl.handle.net/10119/11925
Material Type: publisher
Appears in Collections:c10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19439.pdf2670KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology