JAIST Repository >
大学院教育イニシアティブセンター 2010~2015 >
z1-50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成25年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/12197

タイトル: モデル膜による分子ストレスセンシング
その他のタイトル: Molecular sensing using model membranes
著者: VESTERGAARD, Catherine
キーワード: 免疫センサー
流動性
毒性
神経保護
アミロイド-β
アルツハイマー病
電気化学
生体模倣センサー
発行日: 28-May-2014
抄録: 我々は、(i)アミロイドβ(Aβ)は、その種類や膜組成に依存し相互作用することを示してきた。その結果、膜の変形、崩壊、粘度変化を引き起こす。これは、毒性メカニズム解明に貢献すると思われる。(ii)酸化コレステロールの影響で膜流動性が温度上昇により上昇した。細胞を用いても同様の結果を得た。この結果は、Aβ誘導毒性におけるコレステロールの影響を明確にする為有用だった。(iii)酸化した膜が抗体との結合を強めた。(iv)神経保護剤は、構造依存的に膜と相互作用する。官能基レベルで化合物の重要性を解明することは生理活性薬剤候補のデザインへとつながる。我々は、Aβ検出のため免疫チップを発展させた。 : We have (i) shown that amyloid beta (Ab) interacts with membranes in a species-dependent and membrane composition manner. They cause membrane transformation, breach and viscosity. These may contribute towards understanding toxicity mechanisms; (ii) studied how oxidation of cholesterol influences membrane dynamics, demonstrating that temperature increase renders oxidized membranes more fluid. We have similar findings using biological cells. The findings are useful for clarifying the impact of cholesterol in Ab-induced toxicity; (iv) oxidized membranes enhance Ab's association with membranes; (v) potential neuro-protective agents interact with membranes in a structure-dependent manner as does their ability to inhibit Ab aggregation. Unraveling the importance of these compounds, at a functional group level opens the key to tailored design of potential bioactive drug candidates. We have developed an immunosensor chip for Ab.
記述: 研究種目:基盤研究(C)
研究期間:2011~2013
課題番号:23560940
研究者番号:20582943
研究分野:工学
科研費の分科・細目:プロセス工学 生物機能 バイオプロセス
言語: eng
URI: http://hdl.handle.net/10119/12197
出現コレクション:平成25年度 (FY 2013)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
23560940seika.pdf948KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係