JAIST Repository >
c. マテリアルサイエンス研究科・マテリアルサイエンス系 >
c50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成27年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/13682

タイトル: 走査型プローブ顕微鏡技術を利用したナノ接合界面の形成と解析
その他のタイトル: Analysis and fabrication of nanoscale contacts and interfaces by scanning probe microscopy technology
著者: 富取, 正彦
著者(別表記): Tomitori, Masahiko
キーワード: 表面・界面物性
走査プローブ顕微鏡
ナノコンタクト
物性実験
発行日: 3-Jun-2016
抄録: 本研究では、独自の走査型プローブ顕微鏡(SPM)技術(SEM―SPM、電圧印加非接触原子間力顕微鏡(nc-AFM)など)を発展させた。SEM-SPMを活用して、WO3粉担持の加熱した小型WフィラメントにW針を接近させてWOx突起を成長させる探針調製法、水晶振動子を基にした再調律2本プロング高感度力センサーの開発、極接近した探針と試料間の相互作用によるエネルギー損失の高感度測定を実施し、また、nc-AFMにチャージアンプを組み込み、探針-試料間の静電容量、接触電位差、電荷移動を原子レベルで観察・計測した。適用試料をπ共役系分子、酸化物超薄膜などへ広げ、原子レベルの表面・界面の科学技術に寄与した。 : We extended the performance of scanning probe microscopy (SPM) techniques developed with our bases, such as the combined instrument of SPM and scanning electron microscopy(SEM), and bias non-contact atomic force microscopy (nc-AFM). We carried out the followings: fabrication of SPM probes of WOx nanorods on W tips by bringing the tips closer to the source of WO3 powers supported on a W filament heated by use of the SEM-SPM setup; development of retuned two-prong quartz tuning forks for a high sensitivity force sensor; measurements of energy dissipation through the interaction between a tip and a sample; nanoscale electric measurements such as electric capacitance, contact potential difference, and charge transfer using a charge sensitive amplifier installed in the nc-AFM setup. We contributed to a scientific and technological field of surfaces and interfaces on atomic scale by applying them to π-conjugated molecules, and to the films and surfaces of oxides.
記述: 基盤研究(A)(一般)
研究期間:2012~2015
課題番号:24246014
研究者番号:10188790
研究分野:表面科学、ナノプローブテクノロジー
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/13682
出現コレクション:平成27年度 (FY 2015)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
24246014seika.pdf536KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係