JAIST Repository >
School of Materials Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/14056

Title: 分子配向制御によるベニヤ板構造の射出成形体の実現
Authors: 山口, 政之
Keywords: 分子配向制御
ベニヤ板構造
射出成形体
Issue Date: 2016-04
Publisher: 日本工業出版株式会社
Magazine name: プラスチックス
Volume: 67
Number: 4
Start page: 5
End page: 8
Abstract: 特定の結晶核剤を添加することにより、ポリプロピレンの分子鎖を流れと垂直方向に配向させることが可能である。この技術を用いると、一般的な射出成形でベニヤ板のような構造を形成した剛性・耐衝撃性に優れる成形体が得られる。多孔質フィルムや耐熱性に優れる製品の設計方法などと共に、本技術を簡単に紹介する。
Rights: 本著作物は日本工業出版の許可のもとに掲載するものです。 Copyright (C) 2016 日本工業出版. 山口 政之, プラスチックス, 67(4), 2016, pp.5-8.
URI: http://hdl.handle.net/10119/14056
Material Type: author
Appears in Collections:c10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
22317.pdf631KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology