JAIST Repository >
c. マテリアルサイエンス研究科・マテリアルサイエンス系 >
c50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成28年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/14322

タイトル: 走査型プローブ顕微鏡を応用した固体表面上1分子の電荷状態変化の測定
その他のタイトル: Measurements of the charge state of a molecule on a solid substrate on the basis of scanning probe microscopy
著者: 富取, 正彦
著者(別表記): Tomitori, Masahiko
キーワード: 走査プローブ顕微鏡
表面・界面物性
電荷移動
エネルギー散逸
分子計測
発行日: 2-Jun-2017
抄録: 原子スケールで鋭利な探針を試料に接近させて表面の凹凸や物性を計測する走査型プローブ顕微鏡(SPM)は、ナノテクノロジー・科学技術の発展に大きく貢献してきた。SPMが持つ原子レベルの高分解能を活かしながら、表面電子状態を解析する手法としてSPMがさらに進化することが期待されている。本研究では、SPMの一つ、非接触原子間力顕微鏡(nc-AFM)に基づいた計測で、散逸エネルギーの感度を向上させ、またチャージアンプ(CA)を併用することで、信号の解析を進め、探針-試料間の相互作用力を起源とした現象、および、静電容量と接触電位差を起源とした物性を原子レベルの分解能で測定した。:Scanning probe microscopy (SPM) has successfully contributed to the evolution of nanotechnology and nanoscience, which provides us with surface topographic images, including nanoscale surface properties, of a great number of materials by approaching an atomically-sharpened tip to the sample surface. Nowadays, the further developments of SPM are intensively expected in regard to the nanoscale surface characterization. In this study, we improved the sensitivity of mechanical dissipation energy in a non-contact atomic force microscopy (nc-AFM) system, and installed a wide-band charge amplifier (CA) to the system, in order to extend the potential of the nanoscale characterization of nc-AFM. Atomic-scale capacitance and contact potential difference between the nc-AFM tip and a Si(111)-7×7 surface were analyzed, as a demonstration. CA maps exhibited atomic-scale contrast at a fast scanning rate, indicating the usefulness of our developed methods.
記述: 挑戦的萌芽研究
研究期間:2014~2016
課題番号:26630330
研究者番号:10188790
研究分野:ナノ表面科学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/14322
出現コレクション:平成28年度 (FY 2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
26630330seika.pdf763KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係