JAIST Repository >
c. マテリアルサイエンス研究科・マテリアルサイエンス系 >
c50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成28年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/14323

タイトル: 遺伝子修復治療を目指した化学的RNA Editing法の確立
その他のタイトル: Establishment of chemical RNA editing method for genetic code resoration therapy
著者: 塚原, 俊文
著者(別表記): Tsukahara, Toshifumi
キーワード: 疾患治療
点変異
RNA editing
脱アミノ化
蛍光タンパク質
遺伝コード修復
RFLP
恒常的発現細胞
発行日: 7-Jun-2017
抄録: BFP-mRNAに対して脱アミノ化誘起用ODNを用いて光化学的な部位特異的脱アミノ化処理を行った。光化学的RNA editingは、RT-PCR-RFLPとin vitro翻訳したタンパク質の蛍光を確認した。また、光化学的RNA editingした当該mRNAの全長をシークエンスし、他の箇所に変異が生じていないことも確認した。効率的な脱アミノ化を誘起するODNデザインについても検討し、相補的配列長が14塩基で、ヘアピン長が9塩基のODNが12.4%と最も高い光化学的RNA editing効率を示した。この結果は光化学的RNA editing法が疾患治療法として適用可能であることを示唆している。:Photochemical site-specific deamination was performed toward BFP-mRNA, by using oligodeoxynucleotides,ODNs, for inducing deamination. The base substitution by artificial RNA editing was confirmed by RT-PCR-RFLP analysis and fluorescence of in-vitro-translated proteins. Moreover, the mRNA sample was sequenced after photochemical RNA editing treatments, and confirmed that there was no mutation occurred except the target-site. We also investigated the ODN design that could induce efficient deamination. The ODN with complementary sequence length of 14 bases and hairpin length of 9 bases showed the highest photochemical RNA editing efficiency at 12.4%. This result suggests that the photochemical RNA editing is applicable as a theraputic method for genetic diseases.
記述: 基盤研究(B)(一般)
研究期間:2013~2016
課題番号:25290072
研究者番号:60207339
研究分野:分子生物学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/14323
出現コレクション:平成28年度 (FY 2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
25290072seika.pdf579KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係