JAIST Repository >
c. マテリアルサイエンス研究科・マテリアルサイエンス系 >
c50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成29年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/15411

タイトル: 凍結濃縮現象を利用した細胞内物質デリバリー
その他のタイトル: Cytoplasmic delivery of biomolecules by using freeze concentration
著者: 松村, 和明
著者(別表記): Matsumura, Kazuaki
キーワード: ドラッグデリバリー
遺伝子デリバリー
タンパク質デリバリー
凍結
凍結濃縮
発行日: 1-Jun-2018
抄録: 凍結時に物質が氷晶より排除され、未凍結相が濃縮される凍結濃縮現象を利用して、細胞内に有用物質を送達する革新的技術を開発した。細胞を凍結保護物質存在下で凍結すると、まず細胞外の溶液が凍結し、残存水は濃縮される。あらかじめ細胞内に送達したい物質を、細胞膜との相互作用の高いキャリアに複合させて添加しておくことで、凍結時に細胞膜近傍に物質が濃縮されることになる。解凍後、濃縮されたキャリアは強い相互作用により、拡散せずにエンドサイトーシスにより細胞内へ取り込まれ、エンドソームから脱出し、細胞質に移行して機能を発揮する。この手法により、タンパク質や遺伝子などの効率的な細胞内輸送法を提案した。:We developed an innovative technology to deliver useful biomolecules into cells by utilizing freeze concentration phenomenon in which substances are eliminated from ice crystals upon freezing and unfrozen phases are concentrated. When the cells are frozen in the presence of the cryoprotectant, the extracellular solution is first frozen and the residual water is concentrated. By adding a biomolecules to be delivered into a cell to a carrier with high interaction with the cell membrane, the complex is concentrated near the cell membrane at the time of freezing. After thawing, the concentrated carriers are taken into cells by endocytosis without diffusing due to strong interaction, escape from the endosome, transfer to the cytoplasm and exert its function. By this method, efficient intracellular transport method such as protein and gene was proposed.
記述: 挑戦的萌芽研究
研究期間:2016~2017
課題番号:16K12895
研究者番号:00432328
研究分野:生体材料学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/15411
出現コレクション:平成29年度 (FY 2017)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
16K12895seika.pdf542KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係