JAIST Repository >
c. マテリアルサイエンス研究科・マテリアルサイエンス系 >
c50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成29年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/15413

タイトル: 光刺激で薬効制御が可能な抗体薬物複合体の開発
その他のタイトル: Development of antibody-drug conjugate for controlling drug efficacy by photo-irradiation
著者: 渡邉, 貴嘉
著者(別表記): Watanabe, Takayoshi
キーワード: タンパク質
抗体
抗体薬物複合体
非天然アミノ酸
ケージド化合物
発行日: 1-Jun-2018
抄録: 本研究では、非天然アミノ酸を用いずに、タンパク質の活性を損なうことなく、タンパク質のN末端特異的に機能性分子を修飾する新手法の開発を行った。そして、このN末端特異的修飾法を用いて、抗体医薬として臨床で用いられているIgG抗体に対して抗がん剤を修飾した抗体薬物複合体の新規合成法を開発した。さらに、これらの研究過程を通じて、ケージド抗体薬物複合体の合理的な設計指針に関する知見を得ることができた。:In this study, a novel method for modifying functional molecules specific to the N-terminus of proteins while maintaining the activity of proteins without using non-natural amino acids was developed. By using this N-terminal-specific modification method, development of a novel method for synthesizing an antibody-drug conjugate in which an anticancer drug has been modified against IgG antibody used in clinical practice as antibody drugs was achieved. Furthermore, through these research processes, the findings on rational design guidelines for synthesizing caged antibody-drug conjugate could be obtained.
記述: 若手研究(B)
研究期間:2015~2017
課題番号:15K16561
研究者番号:70554020
研究分野:化学生物学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/15413
出現コレクション:平成29年度 (FY 2017)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
15K16561seika.pdf1017KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係