JAIST Repository >
School of Materials Science >
Grants-in-aid for Scientific Research Papers >
FY 2019 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/16742

Title: オリゴDNAを用いたタンパク質発現を促進させる新手法の開発
Other Titles: Novel method for promoting protein expression by using oligo DNA
Authors: 渡邉, 貴嘉
Authors(alternative): Watanabe, Takayoshi
Keywords: タンパク質
オリゴDNA
RNAの高次構造
翻訳促進
バイオ医薬
Issue Date: 29-May-2020
Abstract: 本研究では、mRNAの高次構造領域に相補的なオリゴDNAをハイブリダイズさせることでmRNAの局所的な高次構造を解消させ、タンパク質の翻訳を促進させる新手法の開発を行った。タンパク質発現mRNAに相補的なオリゴDNAをハイブリダイズさせて無細胞翻訳系でタンパク質を発現させたところ、特定のmRNA領域にオリゴDNAをハイブリダイズさせた場合においてタンパク質発現量の向上が確認された。また、このオリゴDNAを用いた翻訳促進のメカニズムを解明し、さらにバイオ医薬品などの有用タンパク質の高効率発現にも適用可能な技術であることを実証した。研究成果の学術的意義や社会的意義: 一般的にmRNAに相補的なオリゴを作用させるとタンパク質の翻訳が抑制されると考えられているが、本研究ではこの常識を覆し、偶然発見したmRNAの高次構造の解消によるタンパク質の翻訳促進効果に着目して、汎用的なタンパク質の発現促進技術に利用した点に学術的な意義を有する。本手法を用いることによって、mRNAの高次構造が原因で発現効率の低かったタンパク質を高効率で発現させることが可能となり、基礎研究の発展のみならず、将来的にはバイオ医薬品生産の高効率化など産業面でも大きく貢献でき、社会的に大きな波及効果が得られると期待される。 : In this study, a novel method for enhancing protein translation by hybridizing oligo DNA complementary to mRNA in order to eliminate the high-order structure of mRNA was developed. Oligo DNA complementary to protein-encoded mRNA was designed and hybridized to mRNA, and the resulting mRNA/oligo DNA complex was added to a cell-free translation system to express protein. As a result, the efficiency of protein expression was promoted by using oligo DNA-hybridized mRNA in particular sites. And the mechanism of promotion of translation using oligo DNA was elucidated. Furthermore, it was demonstrated that this method can be applied to highly efficient expression of useful proteins such as biopharmaceuticals.
Description: 若手研究(B)
研究期間:2017~2019
課題番号:17K14513
研究者番号:70554020
研究分野:化学生物学
Language: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/16742
Appears in Collections:2019年度 (FY 2019)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
17K14513seika.pdf845KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology