JAIST Repository >
e. 情報社会基盤研究センター >
e10. 学術雑誌論文等 >
e10-1. 雑誌掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/3285

タイトル: Wavelet変換を用いた顔距離画像の特徴解析に関する研究 : 顔距離画像のWavelet係数による個人性の抽出
著者: 金森,証
小谷,一孔
キーワード: 個人性
顔距離画像
Wavelet変換
Facial Individuality
3-D facial image
Wavelet transform
発行日: 2001-12
出版者: 情報処理学会
誌名: 情報処理学会研究報告 : オーディオビジュアル複合情報処理
巻: 2001
号: 121
開始ページ: 101
終了ページ: 106
抄録: 顔は、3次元的な構造を持っている。レーザレンジファインダなどで得られる顔の3次元情報(ここでは顔距離画像と呼ぶ)を用いることにより顔画像の解析ができれば、従来の解析方法と合わせて、より高精度で広範囲な顔画像解析が期待できる。本研究では、顔の距離情報を用い、Wavelet変換により多重解像度解析を行って、顔画像の個人性を抽出することを試みる。 : Face has three-dimensional structure. If we are able to facial Analysis using 3-D information by Laser Range Finder (LRF), expect to high-precision and pervasive facial image analysis based on conventional technology. In this paper, we make 3-D information Multi-Resolution Analysis (MRA) by Wavelet transform, and try to extraction of facial Individuality by Wavelet coefficient of 3-D facial image.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 金森証/小谷一孔, 情報処理学会研究報告 : オーディオビジュアル複合情報処理, 2001(121), 2001, 101-106. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/3285
資料タイプ: publisher
出現コレクション:e10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
C-257.pdf1061KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係