JAIST Repository >
e. 情報社会基盤研究センター >
e10. 学術雑誌論文等 >
e10-1. 雑誌掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/3298

タイトル: モルフォロジーにおける構造要素の GA による最適化とテクスチャ解析への適用
著者: 山本,慎一
小谷,一孔
キーワード: モルフォロジー
GA
テクスチャ解析
パターンスペクトル
Mathematical Morphology
Genetic Algorithm
Textur Analysis
Pattern Spectrum
発行日: 1998-01
出版者: 情報処理学会
誌名: 情報処理学会研究報告 : コンピュータビジョンとイメージメディア
巻: 98
号: 5
開始ページ: 57
終了ページ: 64
抄録: 本研究の目的は、モルフォロジーで定義された画像処理に対し、その処理目的に最適な構造要素を求める手法の獲得である。これまでSimulatied Annealingを用いて構造要素の最適化を試みたが、対象画像が濃淡画像の場合、構造要素の取り得るパターンの多さから、構造要素のモデル化を行う必要があった。そのため、複雑な形状の構造要素を得ることができず、目的の処理結果を得るには充分ではなかった。そこで本研究では、Genetic Algorithmを用いて複雑な形状の最適構造要素の設計を試みる。また、処理目的をパターンスペクトルに基づくテクスチャ解析とし、構造要素の最適化により、その高精度化を計る。特に顔画像の表情解析へ適用し、その妥当性を確かめる。 : This paper proposes the method to decide a optimum structuring element that attain the object of a image processing defined by Mathematical Morphology. We have tried to optimize the structuring element by Simulated Annealing. But, we must make the model of the gray scale structuring element, because a structuring element can change to many pattern in the case of gray scale image. Consequently, we can’t achieve the object of a image processing sufficiently because of difficulty of modeling the gray scale structuring element that has intricate shape. Therefore, this paper proposes an optimization method for a gray scale structuring element that has intricate shape by Genetic Algorithm, and it apply to the texture analysis based on pattern spectrum. Specially, we prove adequacy for application to expression analysis of facial image.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 山本慎一/小谷一孔, 情報処理学会研究報告 : コンピュータビジョンとイメージメディア, 1998(5), 1998, 57-64. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/3298
資料タイプ: publisher
出現コレクション:e10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
C-271.pdf598KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係