JAIST Repository >
Research Center for Advanced Computing Infrastructure >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/3321

Title: SRT相互結合網のウェーハスタック実装における冷却について
Authors: 井口,寧
松澤,照男
堀口,進
Keywords: 相互結合網
超並列システム
WSIスタック
フォールトトレラント
欠陥回避
Interconnection Network
Massively Parallel Computer
WSI
Wafer Stack Integration
Fault Tolerant
Defect Avoidance
Issue Date: 1997-10
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会研究報告 : ハイパフォーマンスコンピューティング
Volume: 97
Number: 99
Start page: 1
End page: 7
Abstract: 本論文では、超並列計算機用の再帰シフトトーラス(SRT)相互結合網のWSIスタック実装時における冷却について議論する。WSIスタック実装は、大規模な超並列システムの実装方式の一つであるが、ウェーハ上の欠陥の回避や中心近くのプロセッサの冷却などが大きな問題となる。SRT網は超並列システムに適する階層的な相互結合網であり、WSIスタック実装時に必要とされる欠陥回避が可能な結合網である。そこで、放熱を効果的に行いつつ欠陥を回避する、WSIスタック実装SRTの欠陥回避方式を提案する。本方式について、システム全体の歩留まりとWSIスタック内の最高温度をシミュレーションにより求めたところ、冗長プロセッサをウェーハ周囲に配置することによりWSIスタックを効果的に冷却できることが分かった。 : This paper addresses the reconfiguration of Shifted Recursive Torus(SRT) network by considering thermo-radiation in stacked wafers implementation. The SRT networks are hierarchical torus network and suitable for massively parallel systems. We propose fault-tolerance schemes for SRT networks so keep highly network performance in stacked wafers implementation. The cooling of stacked wafers, however, is one of the most crucial problems for implementation massively parallel systems. Two cooling approaches have been proposed for SRT in stacked implementation. Introduction a thermo-radiation model into SRT in stacked implementation, reconfiguration performance of SRT was evaluated. Comparing the system yields and the maximum temperatures, these cooling approaches can keep high system yield and lower temperature of 3D implementation.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 井口寧/松澤照男/堀口進, 情報処理学会研究報告 : ハイパフォーマンスコンピューティング, 1997(99), 1997, 1-7. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/3321
Material Type: publisher
Appears in Collections:f10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
C-407.pdf858KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology