JAIST Repository >
Research Center for Advanced Computing Infrastructure >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/3974

Title: FPGAを利用した高速オーディオフィンガープリントシステムの構築
Authors: 礒永, 久史
井口, 寧
ISONAGA, Hisashi
INOGUCHI, Yasushi
Keywords: オーディオ用電子指紋
DRM(デジタル著作権管理)
FPGA
デジタルコンテンツ
AudioFingerint
Digital Rights Management
Digital Contents
Issue Date: 2006-01
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会研究報告 : システムLSI設計技術
Volume: 2006
Number: 4
Start page: 1
End page: 6
Abstract: 音楽や画像のデジタルコンテンツの膨大化に伴い、電子透かしやフィンガープリントなど、いくつかのコンテンツ管理の識別方式が提案されている。しかしながら、近年のファイル交換ソフトウェアによる、不正なネットワーク配信は著作権侵害やCD売り上げ数減少といった深刻な問題となっている。その対策として、例えば、ネットワーク上に流通しているコンテンツを識別するなど、コンテンツ管理技術をDRM(デジタル著作権管理)技術として利用する手法が注目されている。オーディオ用電子指紋(FingerPrint, 以下FP)とは、オーディオ内容の知覚に関連する部分をコンパクトに表現したものであり、たとえそれらが圧縮などの信号加工処理のため著しく質が劣化していたとしても、オーディオファイルを識別するために一番近いオーディオFPを使用できる。我々はオーディオFPアルゴリズムを改善することで高速なFPシステムをFPGA上に実現した。処理時間の評価では、ソフトウェアによる処理と比較して、約5.1倍の性能が得られた。 : Contents management technologies like the digital watermark and the fingerprint are proposed along with increasing of digital contents of music and pictures. However, In recent year illegal network deliveries with the file exchange software causes a serious problem such as copyright infringements and declining CD sales. In order to solve this problem, (for example, a digtal contents downloaded on the network are identified. etc) the method of applying content management technology to DRM(Digital Rights Management) technology is paid to attention. An audio fingerprint is a compact representation of the perceptually relevant parts of audiocontent. A suitable audio fingerprint can be used to identify audio files, even if they are severely degraded due to compression or other types of signalprocessing operations. We achieved a high-speed FP system on FPGA by improving the audio fingerprint algorithm. In the evaluation of the processing time, about 5.1 times the performance were obtained compared with processing with software.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 礒永久史/井口寧, 情報処理学会研究報告 : システムLSI設計技術, 2006(4), 2006, 1-6. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
Type: Article
URI: http://hdl.handle.net/10119/3974
Material Type: publisher
Appears in Collections:e10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
C-390.pdf3814KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology