JAIST Repository >
Research Center for Advanced Computing Infrastructure >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/4666

Title: 既設MPLS網への導入を考慮したMPLSマルチキャスト機構の実装と評価
Authors: 小柏, 伸夫
宇多, 仁
宇夫, 陽次朗
篠田, 陽一
Keywords: MPLS
シグナリング
マルチキャスト
RSVP-TE
Issue Date: 2004-05-01
Publisher: 電子情報通信学会
Magazine name: 電子情報通信学会論文誌 D
Volume: J87-D1
Number: 5
Start page: 544
End page: 552
Abstract: 現在,MPLSのマルチキャスト対応に関する議論が盛んに行われており,ユニキャストのLSPを用いてマルチキャストLSPを確立する手法としてMMTやBLAST-CASTが提案されている.それらの手法は,MPLSマルチキャスト技術導入のための移行技術として有用であるだけでなく,段階的な規模拡張が可能であるため,既設のMPLS網へMPLSマルチキャストを導入する際には導入のコストや運用のコストを抑制可能であり有用性は高い.しかしながら,それらの手法で用いる具体的なシグナリングプロトコルの検討や,それらの手法を用いた際に発生する問題の検討などは行われていない.そこで我々は,それらの手法に応用可能なシグナリングプロトコルを検討した上で,RSVP-TEを用いたMPLSマルチキャスト機構を考案した.更に,同機構を実装し評価を行った.本論文では,同機構の設計と実装について論じ,その評価について述べる.
Rights: Copyright (C)2004 IEICE. 小柏 伸夫, 宇多 仁, 宇夫 陽次朗, 篠田 陽一, 電子情報通信学会論文誌 D, J87-D1(5), 2004, 544-552. http://www.ieice.org/jpn/trans_online/
URI: http://hdl.handle.net/10119/4666
Material Type: publisher
Appears in Collections:e10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
4562.pdf539KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology