JAIST Repository >
School of Materials Science >
Grants-in-aid for Scientific Research Papers >
FY 2008 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/8465

Title: メゾスコピック系熱電素子における電子-格子系非平衡定常状態の研究
Other Titles: Non-equilibrium stationary state in mesoscopic thermoelectric devices
Authors: 岩崎, 秀夫
Authors(alternative): IWASAKI, HIDEO
Keywords: 熱電変換素子
ハーマン法
非平衡定常状態
電子―格子系
Issue Date: 31-Mar-2009
Abstract: 代表的な熱電変換素子であるBi、及び(Bi,Sb)2Te3 のマイクロワイヤーの作製法を確立し、ハーマン法に基づき、熱電物性評価装置の開発、評価実験を行った。バルク素子では本題の非平衡定常状態の発現とその物理的機構を明らかにした。また、熱電性能指数と結晶の配向性(結晶の異方性)の関係を詳細に調べ、熱電素子の高性能化のための指針を明らかにした。
Description: 研究種目:基盤研究(C)
研究期間:2007~2008
課題番号:19560044
研究者番号:70168558
研究分野:熱電変換
科研費の分科・細目:応用物理学・工学基礎・応用物理学一般
Language: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/8465
Appears in Collections:平成20年度 (FY 2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19560044seika.pdf806KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology