JAIST Repository >
Center for Nano Materials and Technology >
Grants-in-aid for Scientific Research Papers >
FY 2008 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/8469

Title: NMR・MM法による炭酸脱水酵素機能に重要なHis残基の挙動解析と触媒機構解明
Other Titles: NMR and MM Analysis of Tautomerization of His64 Coupled to Ionization of Zinc-bound Solvent during Proton Transfer in Carbonic Anhydrase
Authors: 島原, 秀登
Authors(alternative): SHIMAHARA, HIDETO
Keywords: タンパク質
酵素
機能
ヒスチジン
互変異性
触媒
反応機構
プロトン移動
Issue Date: 17-Jun-2009
Abstract: NMRデータを解析することにより「一般にHis残基の互変異性平衡は水素結合に支配される」との規則性を見出し,それによって同法により得られた「炭酸脱水酵素の機能に重要なHis残基の互変異性平衡定数は1.0である」との結果が示す水素結合の特異性を明らかとした. その結合様式を既知X線構造と比較し,かつ計算化学解析によって検証した結果,当分野において長く懸案であった触媒反応にみられるプロトン移動の機構を解明した.
Description: 研究種目:若手研究(B)
研究期間:2007~2008
課題番号:19770128
研究者番号:40313704
研究分野:生物学
科研費の分科・細目:生物科学・生物物理学
Language: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/8469
Appears in Collections:平成20年度 (FY 2008)

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology