JAIST Repository >
School of Materials Science >
Grants-in-aid for Scientific Research Papers >
FY 2010 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/9804

Title: ナノ微粒子質量分析によるストレス軽減食品の作用機序解明
Other Titles: Nutrition analysis by nano-particle assisted laser desorption/ionization (Nano-PALDI) mass spectrometry (MS)
Authors: 平, 修
Authors(alternative): Taira, Shu
Keywords: ナノ材料
ナノバイオ
食品
Issue Date: 10-Jun-2011
Abstract: 本研究を通して、ナノ微粒子を食品のような複合物の解析に用いることができることを明確に示すことができた。Nano-PALDI MSによる食品成分群の網羅的解析を行った。対象は、高麗人参エキスとした。有効成分群の他、脂質などを同定することに成功した。質量分析イメージング法で、高麗人参の有効成分ジンセノサイドが高麗人参側根のどこに局在しているのかを可視化することができた。分子選択的なイオン化にも成功した。 : Our pilot study showed that the nanoparticles could ionize the food sample without the aid of chemical and liquid matrices used in conventional MS methods. Analysis of the post-source decay spectra obtained using nano-PALDI MS will yield information regarding the chemical structure of the analyte.
Description: 若手研究(B)
研究期間:2009~2010
課題番号:21710105
研究者番号:30416672
研究分野:ナノバイオ
科研費の分科・細目:ナノ・マイクロ科学・ナノ材料・ナノバイオサイエンス
Language: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/9804
Appears in Collections:2010年度 (FY 2010)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
21710105seika.pdf283KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology