JAIST Repository >
ライフスタイルデザイン研究センター 2011~2016 >
z7-50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成22年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/9811

タイトル: 実空間における「モノ」への気づき支援プラットフォームの構築
その他のタイトル: Research of a platform for supporting the awareness toward objects in the real world
著者: 金井, 秀明
著者(別表記): Kanai, Hideaki
キーワード: 気づき支援
モノ
実世界
探し物
ユーザインタフェース
グループウェア
発行日: 30-May-2011
抄録: 本研究では,オントロジを用いて「モノの意味記述」,「モノ間の関連情報(関連性,依存性,類似性など)」を表現する「モノデータベース」を整備する.同データベースを整備し,同一種類のモノだけでなく異種類間のモノに対して横断的にその実体及び意味情報をユーザに提示・提供するためのプラットフォームの構築した.具体的には, (a)モノの意味情報処理,(b)ユーザ特性の利用,(c)モノへの気づき提示,について研究を行った. : In this research, we have developed a platform for supporting the awareness toward “objects” in the real word. The platform consists of a position sensing unit, an awareness illumination unit, and application unit. In order to realize the platform, we have studied (a) Semantic information processing for objects, (b) Use of user models, and (c) Presentation of awareness toward objects. According to user studies of the platform, the platform can help users to be aware of objects in the real world.
記述: 基盤研究(C)
研究期間:2008~2010
課題番号:20500112
研究者番号:90282920
研究分野:情報工学
科研費の分科・細目:情報学・メディア情報学・データベース
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/9811
出現コレクション:平成22年度 (FY 2010)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
20500112seika.pdf280KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係