JAIST Repository >
a. 知識科学研究科・知識科学系 >
a50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成23年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/10576

タイトル: 文法化と超越性の計算モデル構築による言語の起源と進化の研究
その他のタイトル: Study on origin and evolution of language by constructing computational models of grammaticalization and displacement
著者: 橋本, 敬
著者(別表記): Hashimoto, Takashi
キーワード: 文法化
超越性
言語の起源と進化
構成論的アプローチ
一方向性
認知能力
言語的類推
メタファー的・メトニミー的推論
発行日: 6-Jun-2012
抄録: 文法化と超越性という人間言語に特有で普遍的な性質に着目して,言語の起源と進化について構成論的研究を行った.その結果,言語ルールを拡大適用する能力である言語的類推能力が,獲得可能・変化可能な言語ができるために非常に重要であり,この能力が超越性をもたらし得るものであり,言語起源で獲得しているべき能力であることを示した.そして,メタファー的・メトニミー的推論が文法化に特徴的な具体から抽象への一方向性をもたらすことを見出した. : We conducted a constructive study on the origin and evolution of language focusing on grammaticalization and displacement which are particular and universal features of human languages. We claimed that the ability of linguistic analogy, which is to extendedly apply acquired linguistic rules, plays an important role to develop acquirable and changeable languages and to bring out displacement, and thus, this ability should emerge at the origin of language. Further, we showed that metaphoric and metonymic inferencing bring unidirectionality from concrete to abstract, which is an important feature of grammaticalization.
記述: 研究種目:基盤研究(B)
研究期間:2008~2010
課題番号:20300082
研究者番号:90313709
研究分野:進化言語学
科研費の分科・細目:情報学・感性情報学・ソフトコンピューティング
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/10576
出現コレクション:平成23年度 (FY 2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
20300082seika.pdf358KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係