JAIST Repository >
School of Information Science >
Grants-in-aid for Scientific Research Papers >
FY 2011 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/10585

Title: 法令実働化情報システムのアカウンタビリティ機能と進化モデルの定義と実現
Other Titles: Definition and Realization of Software Accountability Functions of Law-Enforcing Information Systems
Authors: 落水, 浩一郎
Authors(alternative): Ochimizu, Koichiro
Keywords: 情報システム
安心性要件
説明責任
ソフトウェア進化
法令工学
Issue Date: 4-Jun-2012
Abstract: 社会規則(法律や条例など)の適用を支援することを目的とした法令実動化情報システム(LEIS)を対象として、ソフトウェアアカウンタビリティ機能をLEIS に保持させ、また、社会規則の改定に応じてアカウンタビリティ機能を進化させ得るための基礎理論、機構、開発プロセスを、ソフトウェア工学の最新の研究成果と法理論を適用することにより開発した。ここで、ソフトウェアアカウンタビリティ機能とは、システムによってなされた計算や判断に対して利用者が疑問を持ったとき、システム自体がどの規則をどのように適用して得られた結果であるのかを説明できる機能である。 : We have formulated and realized the new concept “Software Accountability (SA)” for information systems ( Law Enforcing Information System, LEIS) that enforce laws or rules. We formalize the concept of SA mathematically and defined the realization mechanism and evolution-support mechanism based on the research results on Software Engineering and Theory of Law. In this report, we summarize the research results on SA with respect to basic theory, mechanisms, development process of LEIS.
Description: 研究種目:基盤研究(C)
研究期間:2009~2011
課題番号:21500034
研究者番号:10022310
研究分野:ソフトウェア工学
科研費の分科・細目:情報学・ソフトウェア
Language: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/10585
Appears in Collections:2011年度 (FY 2011)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
21500034seika.pdf213KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology