JAIST Repository >
h. サービスサイエンス研究センター >
h11. 会議発表論文 >
h11-1. 会議発表論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/11213

タイトル: 異常状態オントロジーとその応用
著者: 山縣, 友紀
国府, 裕子
古崎, 晃司
今井, 健
大江, 和彦
溝口, 理一郎
発行日: 2012-06-12
出版者: 人工知能学会
誌名: 2012年度人工知能学会全国大会 (第26回)
開始ページ: 1I2R-4-3
抄録: Abnormality has been cross-cutting issue because of highly heterogeneous knowledge. We structured ontological model of abnormal states from generic to domain specific level. We propose unified form to describe an abnormal state as "property", and then divide it into "attribute" and "value" in qualitative form. This approach contributes to promote the interoperability and flexibility of quantitative raw data, qualitative information, and generic/abstract knowledge.
Rights: Copyright (C) 2012 人工知能学会. 山縣 友紀, 国府 裕子, 古崎 晃司, 今井 健, 大江 和彦, 溝口 理一郎, 2012年度人工知能学会全国大会 (第26回), 2012, 1I2R-4-3.
URI: http://hdl.handle.net/10119/11213
資料タイプ: publisher
出現コレクション:h11-1. 会議発表論文 (Conference Papers)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
1327.pdf1385KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係