JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成24年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/11370

タイトル: 音声中の感情認識のための新しい認識方略に関する研究
その他のタイトル: A study on new strategy of emotion recognition in speech
著者: 赤木, 正人
著者(別表記): Akagi, Masato
キーワード: 音声認識
感情音声
音声知覚モデル
感情基本因子
対話解析
発行日: 15-May-2013
抄録: 本研究では,感情を基本因子ベクトルArousal – Valence – Dominance の合成ベクトルとして表現するという新しい発想のもと,申請者らが提案している音声中の感情知覚モデルを感情音声認識に適用し,感情が複数含まれる音声からそれぞれの感情の程度までを推定する手法を提案した。評価の結果,感情空間へのマッピングについて提案法が最もヒトの特性に近く,認識精度もGMM を用いた手法と比較して本手法が認識率で大きく優れていることが確認できた。 : This study proposed a method of emotion recognition in speech, which can estimate not only the emotion itself but the degree of each emotion from speech that plural emotions are included in. This method represents each emotion as a resultant vector of the basic factor vectors, Arousal ? Valence ? Dominance. As the results of applying this method with our already proposed emotion perception model to emotion recognition in speech, the mapping of speech to the emotional space is the most correspondent to human responses. In addition, the recognition accuracy is also greatly excellent at the recognition rate compared with that by GMM.
記述: 研究種目:挑戦的萌芽研究
研究期間:2010~2012
課題番号:22650032
研究者番号:20242571
研究分野:音声情報処理
科研費の分科・細目:知覚情報処理・知能ロボティクス
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/11370
出現コレクション:平成24年度 (FY 2012)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
22650032seika.pdf318KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係