JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成25年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/12178

タイトル: 顔表情の可視情報と非可視情報による感情推定に関する研究
その他のタイトル: Estimation of human emotion by visible and invisible feature of facial image
著者: 小谷, 一孔
著者(別表記): Kotani, Kazunori
キーワード: 感情推定
顔表情
顔温度画像
サーモグラフィ
発行日: 19-Jun-2014
抄録: 本研究は顔表情(可視情報)と顔温度画像(非可視情報)を用いて人の感情を推定する。このため、人の基本感情において顔画像とこれに対応する顔温度画像のデータベースを作成した。そして、顔画像、顔温度画像、顔画像と顔温度画像とを組み合わせた感情推定手法を試作し、各々の特性を評価した。その結果、いずれかのみを用いた場合、70%程度の推定精度が得られる感情クラスが見られた。更に顔画像と顔温度画像とを組み合わせることにより10ポイント程度の精度向上が得られる感情クラスが見られた。可視情報と非可視情報とを組み合わせにより感情強度の推定やより複雑な感情クラスの推定が可能であるとの知見が得られた。 : This research estimates human emotions by using facial expression (visible information) and a facial temperature picture (invisible information). For this goal, we created the database of facial expression image and corresponding facial temperature image in the basic human emotion classes. Then, we have developed an estimation of human emotion method which takes facial image, facial temperature image and combined both of them. As a result of evaluating the characteristics of our method, the accuracy of estimation is about 70% when only either was used. Furthermore, the accuracy improved about ten point by combining a both of them. By the consideration of experimental results, our approach is able to obtain the new possibility of estimation for feeling intensity and complicated feeling classes of human emotion.
記述: 研究種目:基盤研究(C)
研究期間:2011~2013
課題番号:23500208
研究者番号:20225452
研究分野:画像認識、画像処理
科研費の分科・細目:情報学・知覚情報処理・知能ロボティクス
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/12178
出現コレクション:平成25年度 (FY 2013)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
23500208seika.pdf200KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係