JAIST Repository >
j. 保健管理センター >
j50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成25年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/12202

タイトル: 精神的不適応の予防・早期介入における促進・阻害要因の検討
その他のタイトル: Barriers and facilitators in early detection and intervention of mental maladjustment
著者: 佐々木, 恵
著者(別表記): Sasaki, Megumi
キーワード: メンタルヘルス
地域援助
発行日: 3-Jun-2014
抄録: 本研究は,精神健康に関して専門的援助を受ける際の促進要因・阻害要因を特定し,その関連要因を明らかとすることを目的とした。一般大学生ならびに精神健康の専門家を対象とした調査から,促進要因・阻害要因それぞれについて17項目を抽出した。また,これらと基本属性,精神症状,ストレス・コーピング特性との関連を検討したところ,精神症状が強い学生は弱い学生と比較して,専門的援助への抵抗が強くなること,個人のストレス・コーピング特性がその抵抗感に影響を及ぼすことなどが示された。今後はこれらの知見をもとに,精神障害の予防・早期介入のための情報発信・啓発を行っていくことが必要と考えられる。 : Along with identifying barriers and facilitators to the use of mental health services, this study aimed to ascertain its associated factors. A total of 17 facilitators and 17 barriers were identified from self-administered surveys performed with university students and mental health professionals. Analyses of the relationships among demographic characteristics, mental distress, and dispositional stress coping showed that students with a high level of mental distress resisted the use of mental health services much more than did those whose levels of mental distress were low. Furthermore, dispositional stress coping had an influence on the extent to which students resisted use. The results suggest that more information on mental health services needs to be provided to individuals in the community in order to enable early detection of mental maladjustment and appropriate, timely intervention.
記述: 研究種目:若手研究(B)
研究期間:2012~2013
課題番号:24730584
研究者番号:10416183
研究分野:臨床心理学 行動医学
科研費の分科・細目:臨床心理学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/12202
出現コレクション:平成25年度 (FY 2013)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
24730584seika.pdf90KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係