JAIST Repository >
Research Center for Innovative Lifestyle Design 2011-2016 >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/12236

Title: 楽曲構造を反映したVJ表現の全体デザインを支援する歌調インタフェース
Authors: 本多, 翔
久留島, 寛也
西本, 一志
Keywords: VJ
歌詞
インタフェース
全体デザイン
Issue Date: 2014-03-06
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会研究報告
Volume: 2014-HCI-157
Number: 16
Start page: 1
End page: 8
Abstract: 本稿では,歌詞カードのような映像操作インタフェースを持つ新奇な VJ システム Lyric VJ を提案する.従来の VJ システムの多くには,各瞬間においてどの映像をどのように映写するかを選定・操作する機能のみが備えられていた.このようなシステムは,クラブミュージックのような単純な構造を持つ音楽を対象とした Vjing の実施には十分有用かつ実用的であるが,バンドミュージックのような変化に富んだ複雑な構造を持つ音楽を対象とした Vjing を行うためには機能的に不十分である.楽曲の構造や変化に対応して,VJ パフォーマンスを全体的にデザインすることを支援する機能が不可欠であると考える.本研究では,VJ パフォーマーが必ずしも音楽的技術に通じているわけではないことを考慮し,音楽的知識が無くとも楽曲の全体構造を把握可能とするためのユーザインタフェースとして歌詞を採り入れた VJ システムである Lyric VJ を構築した.提案システムを用いた現役の VJ パフォーマーによる試用実験により,提案システムによって楽曲構造を意識した VJ 表現の支援ができることを実証した. : This paper proposes a novel Vjing system named "LyricVJ" that is equipped with a lyric-card-like interface for video manipulation. Ordinary Vjing systems had functions for selecting video clips and manipulating them only at each moment. Such systems were good enough for Vjing with musical pieces having simple musical structure like the club-music. However, they are not suitable for Vjing with complex and expressive musical pieces like the band-music; it is required to provide a supporting function for total design of Vjing to reflect the complex and expressive musical structure. Considering not a few VJ performers are not familiar with musical skills, we implemented LyricVJ to which lyric-cards are incorporated as a user interface of the VJ system for allowing VJ performers without musical knowledge to grasp the entire musical structure. We conducted user studies with professional VJ performers using LyricVJ and confirmed that LyricVJ can support Vjing while considering the musical structure.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 本多 翔, 久留島 寛也, 西本 一志, 情報処理学会研究報告, 2014-HCI-157(16), 2014, 1-8. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material: The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/12236
Material Type: publisher
Appears in Collections:z7-10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
20709.pdf1916KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology