JAIST Repository >
a. 知識科学研究科・知識科学系 >
a50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成26年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/12804

タイトル: 言語の起源と進化を探求するための超越性に対する複合的アプローチ
その他のタイトル: Multiple approach to displacement for exploring the origin and evolution of language
著者: 橋本, 敬
著者(別表記): Hashimoto, Takashi
キーワード: 超越性
言語の起源と進化
複合的アプローチ
コミュニケーション
実験記号論
文化進化
複雑系
比喩的記号システム
発行日: 4-Jun-2015
抄録: いま・ここから離れれたことに言及できる「超越性」という人間言語に特有の性質を,複合的アプローチにより研究した.言語コミュニケーションにおける超越性の特異性は,相手が知らない対象について伝え共有できることであることを示し,この性質の成立メカニズムを調べる実験記号論のアプローチを採用した描画コミュニケーション実験を開発した.この実験の解析を通じて,メタファー的表現とメトニミー的表現を組み合わせて用いる戦略が超越的コミュニケーションの成立に有効であり,その成立過程では類像的から比喩的へと記号システムの変化が生じることが分かった.この変化は言語の初期の文化進化でも生じている可能性を議論した. : We studied displacement in language, a remarkable feature of human language, which is to express something remote from here and now, using a multiple approach adopting theoretical, experimental, and constructive methodologies. It was shown that the idiosyncratic feature of displacement in language communication was that it makes possible to transmit and share what the partner has not known. In order to investigate the mechanism and process of establishing this feature, we developed an experimental paradigm of drawing communication in terms of experimental semiotics approach. Through the analysis of this experiment, we found that combined use of metaphorical and metonymical expressions was effective for displaced communication and that a symbol system changed from iconic to figurative in realizing displaced communication. We discussed the possibility that this change of symbol system occurred in the initial cultural evolution of human language.
記述: 研究種目:基盤研究(B)
研究期間:2011~2014
課題番号:23300085
研究者番号:90313709
研究分野:進化言語学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/12804
出現コレクション:平成26年度 (FY 2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
23300085seika.pdf337KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係