JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成26年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/12816

タイトル: ゲーム情報学の新たなパラダイム―人間らしいふるまいの原理の解明とその応用
その他のタイトル: New Paradigm of Game Informatics - Human-like Beheviour and its Mechanism
著者: 飯田, 弘之
著者(別表記): Iida, Hiroyuki
キーワード: ゲーム情報学
人間らしいふるまい
相手モデル
ゲーム洗練度の理論
ゲーム情報力学モデル
発行日: 4-Jun-2015
抄録: 本研究では,ゲームを題材として人間らしさの解明を目指した。ゲーム情報力学モデルおよびゲーム洗練度モデルという二つの新しいアプローチを提案し,ゲーム情報学の新たなパラダイムを開拓した。ゲーム情報力学モデルはゲーム場における情報の流れを流体力学に基づいて定式化する。プレイヤ間の相互作用を物理式として表すことが可能となり,人間同士の対戦や名人とコンピュータの対戦の相互作用を比較し,人間らしさの理解を深めることができた。ゲーム洗練度の理論では,結果の不確定に基づいて数理モデルを提案し,ゲームの洗練度を表す指標を導出した。思考ゲーム,スポーツ,ビデオゲームなどに適用して,提案アイデアの妥当性を検証した。 : This study focused on several aspects of humanlikeness in game playing. It results in new concepts such as game information dynamics model and game-refinement model, by which we cultivated a new paradigm of game informatics research. We proposed two different kinds of novel information dynamic models based on fluid mechanics. These models are a series of approximate solutions for the flow past a flat plate at zero incidence. It is suggested that the present models make it possible to discuss the information dynamics in games and practical problems such as projects starting from zero information and ending with full information. We presented a mathematical model of game progress and game refinement. The second derivative value is derived from the model and we proposed to use the value as a measure of game refinement. We support the effectiveness of the proposed theory while showing some data from well-known games.
記述: 研究種目:基盤研究(B)
研究期間:2011~2014
課題番号:23300056
研究者番号:80281723
研究分野:ゲーム情報学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/12816
出現コレクション:平成26年度 (FY 2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
23300056seika.pdf179KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係