JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成26年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/12821

タイトル: 多次元ハイブリッド論理に基づくエージェント相互作用の動的研究
その他のタイトル: A dynamic Investigation of multi-agent interaction via multi-dimensional hybrid logic
著者: 佐野, 勝彦
著者(別表記): Sano, Katsuhiko
キーワード: 様相論理
動的認識論理
ハイブリッド論理
証明論
クリプキ意味論
マルチエージェント
発行日: 5-Jun-2015
抄録: 本研究ではエージェントの相互作用を捉えるために,マルチエージェントシステムと動的認識論理の両方に対して多次元的視点から論理的基盤を研究した.本研究の成果は次の三つである.第一に,命令・許可概念を含むエージェントの信念のための論理を提案した.第二に,エージェント間のチャネル概念とチャネルを通じたエージェント通信の概念を多次元ハイブリッド論理の設定で形式化した.第三に,多次元設定での論理的推論を捉えるため,好ましい形式的性質(カット除去定理)をもつラベル付き式計算体系を構築した. : The aim of this research is to propose a logical basis for both multi-agent system and dynamic epistemic logic from multi-dimensional perspectives to capture interaction between agents. Our research output consists of three topics. First, we develop a dynamic logic of belief with acts of command and permission. Second, we formalize the notions of communication channel and agent communication via channels, and provide a semantically complete axiomatization of logic with these notions. We positively solve an open problem of axiomatizing epistemic logic of friendship by Seligman et al.(2011). Third, we investigate multi-dimensional logic from proof-theoretic perspective. That is, we provide cut-free sequent calculi for several labelled sequent calculi and also establish a sequent calculus for predicate logic for coalgebras (a generalized transition system).
記述: 研究種目:若手研究(B)
研究期間:2012~2014
課題番号:24700146
研究者番号:20456809
研究分野:様相論理・論理学の人工知能への応用
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/12821
出現コレクション:平成26年度 (FY 2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
24700146seika.pdf138KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係