JAIST Repository >
a. 知識科学研究科・知識科学系 >
a50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成28年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/14305

タイトル: 持続可能なサービス価値共創モデルの実践的研究
その他のタイトル: A research for sustainable service value co-creation model
著者: 白肌, 邦生
著者(別表記): Shirahada, Kunio
キーワード: 価値共創
持続可能性
サービス設計
地域コミュニティ
発行日: 5-Jun-2017
抄録: 本研究は,自然資源をサービスの活動でどのように組み込み,持続可能な経済活動を実現していくか,について考えるものである.サービスの提供者・受容者,そして自然資源の代弁者という3者間で価値を共創していく枠組みを作り,それをサービス設計手法論に展開した.石川県の里山や地元企業での社会実験を実施し,その方法論が参加者の思考空間を拡張し,行動変革を促すことを見出した.また,サービスを効果的に推進していくためのセルフサービス技術や,地域コミュニティの役割について,石川県での調査だけでなく,タイやバングラデシュの事例も活用し,総合的に考察した.:The central topic of research is how to incorporate natural resources into service activities and realize sustainable economic activities. We created a framework to collaborate on value among the three agents; providers of services, recipients, and spokespersons for natural resources. Based on the framework called tripartite value co-creation, this research developed sustainable service design methodology. We conducted social experiments in Satoyama in Ishikawa Prefecture and local companies. As a result, we found that the methodology enhances participants' thought space and promotes behavioral change. In addition, this research also consider about the self-service technology toward effective services and the role of the local community, not only research in Ishikawa Prefecture, but also cases in Thailand and Bangladesh, thereby discussing the system of sustainable service.
記述: 基盤研究(C)(一般)
研究期間:2014~2016
課題番号:26380459
研究者番号:60550225
研究分野:サービス経営
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/14305
出現コレクション:平成28年度 (FY 2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
26380459seika.pdf184KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係