JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成28年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/14308

タイトル: STAR-CODE: STAR-struCtured relaying for glObal wireless Data Exchange
著者: Khoirul, Anwar
キーワード: 情報通信工学
情報理論
無線通信
符号理論
発行日: 13-Jun-2017
抄録: STAR-CODEプロジェクトの目標は、ネットワークそのものをコーディングスキームの構造として見ることで、スキームマルチターミナルノード用の効率的なコミュニケーションのテクノロジを作成し、ネットワーク情報理論とコーディング理論の最近の進歩に基づく技術を設計することである。その成果は、新しいアルゴリズム、新しい定理、データスループットを改善し、電力使用を削減することである。:The goal of the STAR-CODE project is to create efficient communication concepts/technologies for multiterminal nodes based on the recent advances in network information theory and coding theory, where the network itself expresses a structure of coding schemes. Example of applications include disaster-area communication systems, universal wireless access in rural areas, sensor networks and vehicle-to-vehicle communications. The outcomes include new algorithms, theorems, coding schemes to improve the data throughput, reduce the power use, and increase the reliability of star-structured network topologies. In summary, the results are: (1) new wireless network capacity bound for networks with multiple relays and side information, (2) new decoding technique for multiple multiway relay, (3) explicit error-floor analysis for finite-length setting, (4) induced degree distribution due to Rayleigh fading channels, (5) optimal degree distributions.
記述: 基盤研究(B)(一般)
研究期間:2013~2016
課題番号:25289113
研究者番号:20535372
研究分野:情報通信工学、情報理論
言語: eng
URI: http://hdl.handle.net/10119/14308
出現コレクション:平成28年度 (FY 2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
25289113seika.pdf1518KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係