JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成28年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/14331

タイトル: 分散システムを計算の対象とする分散アルゴリズムのモデル検査に関する研究
その他のタイトル: A study on model checking of distributed algorithms whose computational targets are distributed systems
著者: 緒方, 和博
著者(別表記): Ogata, Kazuhiro
キーワード: 分散スナップショット
メタプログラム
モデル検査
Maude
発行日: 2-Jun-2017
抄録: 分散スナップショットアルゴリズム(DSA)を書換え論理に基づく計算機言語Maudeのメタプログラム(MP)として記述する方法と分散スナップショット到達可能性(DSR)を直接モデル検査する方法を考案し、実験により有効性を確認した。従来法では、分散システム(DS)ごとにDSAも含め毎回記述する必要があったのに対し、提案方法では、MPを1回記述しさえすれば、DSのみの記述で十分であるという利点がある。また、DSRを直接モデル検査可能になったため、より高速にモデル検査可能になり、性質を満たさない場合反例を提示できるようにもなった。提案方法は、DSを計算の対象とする分散アルゴリズムに適用可能である。:We came up with how to specify a distributed snapshot algorithm (DSA) as a meta-program (MP) in Maude, a computer language based on rewriting logic, and how to directly model check the distributed snapshot reachability (DSR) property, and confirmed the usefulness by conducting several case studies. An existing approach makes it necessary to specify a DSA for each distributed system (DS), while the proposed approach does not. It suffices to specify DSA once as an MP and specify each DS only as the DS is taken into account. Since the DSR property can be directly model checked, the proposed approach performs model checking faster than the existing approach and generates a counterexample when the property is not satisfied. The proposed approach can also be applied to distributed algorithms whose computational targets are DSs.
記述: 挑戦的萌芽研究
研究期間:2014~2016
課題番号:26540024
研究者番号:30272991
研究分野:計算機科学、ソフトウェア工学、形式手法
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/14331
出現コレクション:平成28年度 (FY 2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
26540024seika.pdf76KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係