JAIST Repository >
a. 知識科学研究科・知識科学系 >
a50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成29年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/15385

タイトル: 人類学の外部環境から考える人類学の可変性と可能性:ビジネスと工学系学問を視野に
その他のタイトル: As seen from the outside: Considering the future possibilities of anthropology from business and engineering perspectives
著者: 伊藤, 泰信
著者(別表記): Ito, Yasunobu
キーワード: エスノグラフィ
工学系学問 (HCD/UCD)
人類学の可変性と可能性
人類学教育
発行日: 22-Jun-2018
抄録: 文化人類学(以下、「人類学」と略)は、対象の変化・変貌によって時代時代でその姿を変えてきたと言って良い。今後も、社会(外部環境)の変化にアクチュアルに対応して知識産出モードを変えていく(いかざるをえない)ことに鑑み、本研究は、人類学を取り巻く外部環境(とりわけビジネス実務および工学系学問などの他領域)と人類学との関係を考察しつつ、将来の人類学のカタチの可変性と可能性を提示することが目的であった。その成果は、学会発表や論文、更なるプロジェクトの組織化などへと展開している。:The purpose of this research was to investigate the influence of logics external to the discipline on today's anthropological practice, and explore the discussion on how a discipline (i.e. Japanese anthropology) has been changing its mode of knowledge production in accordance with trends in Japanese business contexts. This line of inquiry can also be described as a kind of sociology of knowledge or the sociology of a changing discipline. Through examining the subject, the author made a further exploration into the variabilities and possibilities of anthropology. The results of this research came to fruition in the form of papers, theses and the organisation of further projects and research groups.
記述: 基盤研究(C)(一般)
研究期間:2014~2017
課題番号:26370947
研究者番号:40369864
研究分野:文化人類学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/15385
出現コレクション:平成29年度 (FY 2017)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
26370947seika.pdf230KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係