JAIST Repository >
c. マテリアルサイエンス研究科・マテリアルサイエンス系 >
c50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成29年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/15409

タイトル: イオン液体を触媒とした新しい環境低負荷型リビング重合系の確立
その他のタイトル: Eco-friendly polymerization by using ionic liquid
著者: 高田, 健司
著者(別表記): Takada, Kenji
キーワード: リビング重合
有機分子触媒
イオン液体
セルロース
発行日: 23-May-2018
抄録: 触媒機能を有するといわれている、1-エチル-3-メチルイミダゾリウム系イオン液体を触媒としてメタクリル酸メチルの重合を行い高分子量のポリマーを得た。触媒にアニオン種の異なるイオン液体を使用したが重合性を示したものはアセテートアニオンを有したイオン液体のみであった。イオン液体の触媒機能を利用してセルロースの修飾反応を検討したところ、非常に高効率にエステル化が進行した。さらに反応後の溶液からイオン液体を分離(リサイクル)し、もう一度同様の反応を行ったところ、リサイクル前と同等の反応性を示した。このことから本研究は環境低負荷な手法であり、かつ天然由来の材料を合成できる新たな反応系となるといえる。:Ionic liquid catalyzed polymerization was carried out by using methyl methacrylate and 1-ethyl-3-methylimidazolium type ionic liquid as a monomer and catalyst, respectively. Although ionic liquids different in anionic species were used as catalysts, those that showed polymerization ability were only ionic liquids with acetate anions of 1-ethyl-3-methylimidazolium acetate. By using the catalytic activity of 1-ethyl-3-methylimidazolium acetate, the transesterification reaction of cellulose proceeded very highly efficiently. Further, the ionic liquid was separated (recycled) from the solution after the reaction, and the same reaction was carried out once again, and it showed reactivity equivalent to that before recycling. From these results, it can be said that this research is an eco-friendly method and a new reaction system that can synthesize naturally occurring materials.
記述: 若手研究(B)
研究期間:2016~2017
課題番号:16K17911
研究者番号:10772171
研究分野:高分子化学
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/15409
出現コレクション:平成29年度 (FY 2017)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
16K17911seika.pdf244KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係