JAIST Repository >
School of Materials Science >
Grants-in-aid for Scientific Research Papers >
FY 2018 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/16029

Title: 19F-NMRによる光架橋反応を用いた核酸類同時検出
Other Titles: Multiplexed detection of nucleic acids using 19F NMR chemical shift change based on DNA photo-cross-linking
Authors: 中村, 重孝
Authors(alternative): Nakamura, Shigetaka
Keywords: 19F NMR 
ケミカルシフトイメージング
光架橋反応
Issue Date: 13-Jun-2019
Abstract: 本研究では複数の核酸情報を同時に検出するため、核酸類の19F NMRによるケミカルシフトイメージングを行った。核酸類光架橋反応により誘起される大きなケミカルシフトの変化を利用し、夾雑系内でも利用できる核酸検出法を開発したとともに、複数の核酸類光架橋核酸を設計・合成し、光架橋後に現れる各光架橋核酸ごとのケミカルシフトの変化を利用することにより、複数の核酸を同時に検出することに成功した。 研究成果の学術的意義や社会的意義: MRIに代表される核磁気共鳴法を用い生体深部の複数の核酸情報を同時に読み取る事ができれば、病気の診断において有用な技術である。また、光架橋反応により誘起されるケミカルシフトの大きな変化により初めて同時検出が可能となる。これ研究成果は生体イメーイジング技術の発展に大きく寄与できると考えられる。 : In this study, I demonstrated the multiple detection of any nucleic acid by using ultrafast photo-cross-linking based on 19F NMR chemical shift. The ultrafast photo-cross-linking induced large chemical shift of 19F MR signal so that this chemical shift was distingulished in miscellaneous condition. In addition, I designed and synthesis vinylcarbazole analog to detect any nucleic acid based on chemical shift. The photo-crpss-linking bwtween trifluorometylthymidine and carboxyvinylcarbazole, aminocarbonylvinylcarbazole, or methoxycarbonylvinylcarbazole induced large chemical shift. We succeeded in detecting multiple nucleic acids simultaneously by using these photo-responsive artificial nucleic acids based on 19F NMR chemical shift
Description: 研究活動スタート支援
研究期間:2017~2018
課題番号:17H06714
研究者番号:00786775
研究分野: 核酸化学
Language: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/16029
Appears in Collections:平成30年度 (FY 2018)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
17H06714seika.pdf555KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology