JAIST Repository >
School of Knowledge Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/18097

Title: ハイブリッド型勤務においてオフィスのたまり場を拡張する接続環境の非対称性を考慮したアウェアネス支援システム
Authors: 高島, 健太郎
村尾, 侑哉
柴田, 有紀奈
増田, 慶士郎
Issue Date: 2022-02-21
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会インタラクション2022論文集
Start page: 459
End page: 464
Abstract: 企業において,知識共有のためにワーカー同士のカジュアルな 交流が重要視されている .一方,近年 の働き方改革やコロナ禍 の影響によって出社と在宅勤務を選択できるハイブリッド型の勤務形態増加している .出社しているワーカーと在宅勤務者間のコミュニケーションの溝を解消するために,オフィス内のたまり場を拡張し,在宅勤務者が社内の交流にオンライン参加できるシステムを開発した. オフィスと個人宅という場所の非対称を考慮の上,配信するアウェアネス情報(たまり場側:映像,在宅勤務者側:状態を表すテキスト )を設計し,プライバシーの保護と興味の喚起という観点でこの設定が有効であるかを調査した.実際の企業内のたまり場を対象にした実験の結果プライバシーの観点で は問題がなく,興味の喚起のためにたまり場の音声 情報が重要であるという示唆を得た.
Rights: 社団法人 情報処理学会,高島健太郎,村尾侑哉,柴田有紀奈,増田慶士郎,情報処理学会,インタラクション2022論文集,3D-17, 2022, pp.459-464.ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material: The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/18097
Material Type: publisher
Appears in Collections:a10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
3D17.pdf780KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology