JAIST Repository >
Research Center for Advanced Computing Infrastructure >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/3295

Title: 微視的・巨視的構造に基づく花のグラフィックスモデルに関する研究
Authors: 寺戸,育夫
剣持,雪子
小谷,一孔
Keywords: 微視的構造
巨視的構造
バラ花弁の反射光分布
モンテカルロ法
レイトレーシング法
ラジオシティ法
Micro-Scopic Scale Structures
Macro-Scopic Scale Structures
Reflectance Distribution of Rose Petals
Monte Carlo Method
Ray-Tracing Method
Radiosity Method
Issue Date: 1999-01
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会研究報告 : コンピュータビジョンとイメージメディア
Volume: 99
Number: 3
Start page: 145
End page: 152
Abstract: 本稿では、赤いバラのフォトリアルなコンピュータグラフィックス(CG)の生成手法について述べる。バラの花弁には、花弁の形状や模様のように肉眼で直接観察することのできる構造と、細胞のように目には見えないほど小さなスケールの構造がある。ここではそれぞれを、巨視的構造、微視的構造と呼び、実際のバラの構造に基づいたモデル化を行う。微視的構造を考慮することで、バラ花弁の表面に数多く密集しているドーム形状の細胞に起因する、花弁が持つ独特の反射特性を表すことが可能となり、これを用いて花弁の質感のフォトリアルなCG表現を実現する。また、CGの生成にレイトレーシング法とラジオシティ法を適用し、花弁同士の光の反射や透過といった巨視的構造による光学現象についても考慮する。 : This paper describes a reflection and transparency model of rose petals for computer graphics. Our model for each rose petals is based on the micro-scopic scale structures, such as dome-shaped and translucent cells. It has some parameters whose values are obtained from measuring of intensity and colors of reflected light. It is available for the faithful simulation of the optical phenomena on rose petals. Moreover, a reciprocal diffuse reflection and transparency model among petals is based on the macro-scopic scale structures. Finally, photorealistic images of roses are shown.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 寺戸育夫/剣持雪子/小谷一孔, 情報処理学会研究報告 : コンピュータビジョンとイメージメディア, 1999(3), 1999, 145-152. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/3295
Material Type: publisher
Appears in Collections:e10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
C-268.pdf800KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology