JAIST Repository >
Research Center for Innovative Lifestyle Design 2011-2016 >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/3333

Title: 六の膳 : お皿に写真を投影するシステムによる食卓コミュニケーション支援
Authors: 天野,健太
西本,一志
Keywords: インフォーマルコミュニケーション
写真
カメラ付き携帯電話
食卓
家族団欒
informal communication
photograph
cell phone with digital camera
dining table
family get-together
Issue Date: 2004-03
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会研究報告 : グループウェアとネットワークサービス
Volume: 2004
Number: 31
Start page: 103
End page: 108
Abstract: 本研究ではインフォーマルコミュニケーションの場として食卓に着目し、ここでのコミュニケーションを支援する。コミュニケーション活性化を支援するメディアとして、個人がカメラ付き携帯電話で撮影した写真を用いる事とした。写真を食卓にあるお皿に投影する事で話題を提供し、コミュニケーション活性化を支援するシステム「六の膳」を構築した。本システムの有効性と写真を用いたコミュニケーションについて調べるために4組15名の被験者による実験を行った。実験より本システムは face to faceコミュニケーションをさまたげず、話題の提供に均等性をあたえ、コミュニケーションに戦略的要素を取り入れる事ができ、コミュニケーションを活性化させる事ができるのではないかという知見が得られた。 : In this paper, we propose “pHotOluck” that is a supporting system for lively communication at a dining table. “pHotOluck” is a mintage of “potluck” and “photo” . This system displays a photo taken by a cell phone with digital camera on a special plate at a dining table. For evaluating the system, we conducted experiments to compare three methods for displaying photographs, i.e., “pHotOluck”, a LCD display with a touch-panel and paperprints. The result of the experiments showed that “pHotOluck” does not interfere face to face communication. It is suggested that “ pHotOluck” can activate communication by allowing people to strategically choose his/her photographs at the communication.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 天野健太/西本一志, 情報処理学会研究報告 : グループウェアとネットワークサービス, 2004(31), 2004, 103-108. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/3333
Material Type: publisher
Appears in Collections:z7-10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
C-106.pdf256KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology