JAIST Repository >
Research Center for Innovative Lifestyle Design 2011-2016 >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/3337

Title: Renconを外と内から眺めたら…
Authors: 平賀,瑠美
大島,千佳
西本,一志
Keywords: 演奏生成
音楽表現
評価
Performance rendering
Performance expression
Performance evaluation
Issue Date: 2003-05
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会研究報告 : 音楽情報科学
Volume: 2003
Number: 48
Start page: 33
End page: 38
Abstract:  演奏生成システムの評価方法の確立を目指すワークショップ“Rencon”(Performance Rendering Contest)が2002年より始まった。演奏生成システムは楽譜や人間の演奏を参考に、生成すべき楽曲の楽譜情報やその構造についての情報を入力として、表情のある演奏を生成するソフトウェアシステムである。一般に演奏は主観により判断されてきたため、演奏生成システムの評価をその出力から行うことは困難である一方、論文のみでシステムを評価することは技術面での優秀さしか知ることができない。また、演奏生成システムの研究には情報科学のみならす、音楽学、心理学、認知科学といった幅広い分野の研究者の共同作業が必要となる。そこで、Renconは、演奏生成システムの評価の確立とともに、多くの関連分野の研究者が意見を交換し合う場としての意味も持ち得る。本稿では、2002年のRenconに主催者、発表者、参加者として関わった3名がそれぞれの立場および異なる研究背景から2002年のRenconから得た教訓、感想、提案について述べる。 : “Rencon” (Performance Rendering Contest) has stared from 2002 as a workshop to establish evaluation methods for performance rendering systems. Expressive performance is rendered by a software system with the data of musical scores and corresponding performances and their musical structures as well, as input. Performance has been considered to include subjective matters so that it is not possible to evaluate such a system only from technical papers. Rencon also has the meaning as a forum for researchers of various areas -computer science, musicology, psychology, and perception- to meet and discuss on their interests in musical performance. In this paper, three authors, who participated two Rencons in 2002 as a steering member, a paper speaker and music entrant, and a participant, describe each of their opinions from different relationships with Rencon and research backgrounds.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 平賀瑠美/大島千佳/西本一志, 情報処理学会研究報告 : 音楽情報科学, 2003(48), 2003, 33-38. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/3337
Material Type: publisher
Appears in Collections:z7-10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
C-111.pdf75KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology