JAIST Repository >
Research Center for Innovative Lifestyle Design 2011-2016 >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/3344

Title: 談話の杜 : インフォーマルスペースにおける実世界での出会いを利用した効率的な情報共有システム
Authors: 松田,完
西本,一志
Issue Date: 2002-03
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会研究報告 : グループウェアとネットワークサービス
Volume: 2002
Number: 31
Start page: 109
End page: 114
Abstract: 近年、効率的な企業経営や生産性向上を目指し、社内にある情報や知識を社内全体で活用する様々な取り組みが行われている。本稿では情報共有の場として、建物内の廊下やリフレッシュルームのような共有スペースでの出会いに着目し、そこで何らかの情報を必要としている者が他者に対し積極的に働きかけることによる対面環境での情報共有を促進するシステムを提案する。本研究では、情報を求める人が、求めている情報を一つの建物に共存する特定多数の人々に対してアピールするシステム「HuNeAS」を作成し、その評価を行った。HuNeASは組織内の人々が利用する共用スペースに求める情報を投影する大型ディスプレイを配置した空間となっている。求める情報を大型ディスプレイに投影し、それを共用スペース利用者に見せることにより情報共有の促進を行う。このため、HuNeASでは部署や研究室等の既存のコミュニティの枠を超えて建物全体の人に対して情報を求めることができる。プロトタイプシステムを用いて6週間の試用実験を行い、約100名に対しアンケート調査を行う等によってシステムの評価を行った。この結果、HuNeASによって同期的な情報共有が促進されることが示唆された。また、情報の共有だけでなく、Human Networkの生成と強化の効果も確認され、組織におけるHuman Networkを活性化する効果も期待される。 : In this paper, we propose a new approach to support information sharing in an organization based on spontaneous encounters in the real world. We developed a system “HuNeAS”, Where a user appeal to other people who belong to an identical organization and who live together in one building to give information he/she requires. HuNeAS consists of “Danwa-no-mori” abd DIAS (Desired Information Appealing System). Danwa-no-mori is a shared space that is freely used by anyone to, for instance, take a rest. In addition, Danwa-no-mori is equipped with the large-sized displays that are a part of DIAS project someone’s required information that is a-priori input in DIAS. If another person who sees the displays information and if he/she has some useful information, he/she can give the information to the person who shows the required information. Thus, HuNeAS promotes information sharing among the people who encounter in Danwa-no-mori. We conducted experiments for evaluating the above-mentioned advantages of HuNeAS. As a result, we confirmed that HuNeAS can promote the information sharing based on the people spontaneous encountering. Additionally, it is suggested HuNeAS promotes to create and to activate human-network.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 松田完/西本一志, 情報処理学会研究報告 : グループウェアとネットワークサービス, 2002(31), 2002, 109-114. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/3344
Material Type: publisher
Appears in Collections:z7-10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
C-119.pdf1155KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology