JAIST Repository >
e. 情報社会基盤研究センター >
e10. 学術雑誌論文等 >
e10-1. 雑誌掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/4555

タイトル: 信頼性を考慮したグリッド向け自律分散ストレージシステム(グリッドシステム)
著者: 井口, 寧
渡辺, 浩二
松澤, 照男
発行日: 2006-05-15
出版者: 情報処理学会
誌名: 情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム
巻: 47
号: SIG 7 (ACS 14)
開始ページ: 219
終了ページ: 230
抄録: 本論文では,企業や大学の組織内にある一般のユーザが利用する計算機の余剰ディスク領域を統合し,仮想的な大規模ストレージを提供する手法を提案する.一般のユーザが使用する計算機を記憶ノードとして用いる場合,ユーザの不用意なシャットダウンやネットワーク断線などによる,稼働率の低さや不均一さが問題となる.本研究では,可用率の低さに対しリードソロモン符号を用いた冗長性の高い符号化を用い,データとしての信頼性を確保する.また,可用性の不均一さに対し,動的なデータの再配置を行う手法によって,保存されたデータの信頼性を確保する.分散ストレージを構築する際に,個々のコンピュータの稼働率を測定し,この数値をもとに冗長データの多重度と,データの分散先を動的に変化させる.冗長データにはリードソロモン符号を用い,従来のレプリカ方式よりもディスクの使用効率向上を図った.これらの手法によって,信頼性が不均一な環境においても,十分なレスポンスタイムを保ちながら,システムの信頼性の確保とディスク領域の利用効率化が達成できた. : We propose an autonomous distributed storage system that considers reliability and utilization of disks. Nodes of a grid system are used by end users and most of them have unused disk area. The proposed system offers a virtual large storage area combining such unused disk area. However, nodes used by end users are suddenly shut downed or detached from networks. Proposed system uses Reed-Solomon code to keep high redundancy, and re-distributes data dynamically to keep highly availability. Availability of each data node are investigated and redundancy level and data node to be used are decided. Reed-Solomon code offers more efficient storage area usage than replica method that used by other researches ; Using these method, high system availability and high storage area utilization can be achieved with enough response time in a GRID environment.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 井口 寧, 渡辺 浩二, 松澤 照男, 情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム, 47(SIG 7 (ACS 14)), 2006, 219-230. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material: The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/4555
資料タイプ: publisher
出現コレクション:e10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
11478.pdf2467KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係