JAIST Repository >
School of Information Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/4566

Title: モデル検査技術を利用したプログラム解析器の生成ツール
Authors: 山岡, 裕司
胡, 振江
武市, 正人
小川, 瑞史
Issue Date: 2003-10-15
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会論文誌:プログラミング
Volume: 44
Number: SIG13(PRO18)
Start page: 25
End page: 37
Abstract: 本論文では,時相論理式によって仕様が記述されたプログラム解析をモデル検査技術の利用によって行うツールについて述べる.本ツールは,対象プログラム言語はJimple,プログラム解析の仕様記述言語は時相論理CTL-FVである.JimpleはJavaと相互変換可能な3番地コードからなる中間言語であり,Javaに比ベプログラム解析や最適化が適用しやすい.また,CTL-FVはCTL(Computation Tree Logic)を拡張した時相論理であり,プログラム中の情報を述語に引用することを許したところに大きな特徴がある.CTL-FVによって多くのプログラム解析が記述できるため,本ツールを使用するとJimpleプログラムに対し様々な解析を自動的に行うことができるようになる.今回,モデル検査を既存のモデル検査ツールSMVをそのまま利用することによって実装が非常に簡単になり,Java言語で約500行(コメント除く)のプログラムでこれが実現できた.また,標準ライブラリのいくつかのクラスに対して無用命令の検出を本ツールにより実行したところ,比較的大きなサイズのクラスに対しても数分で解析することができた.ここでは,主に本ツールの設計と実装について説明する. : In this paper, we describe a tool that automatically performs program analysis using model-checking techniques. The tool has two characteristics; the target program is Jimple, and the specification of program analysis is described in temporal logic CTL-FV. Jimple is mutually convertible with Java; it is a 3-address intermediate language and is easier to perform program analyses and optimizations than Java. CTL-FV is an extension of CTL (Computation Tree Logic) to allow quoting information in a program to formulas. CTL-FV can describe many program analyses, thus our tool can carry out various analyses automatically. By the use of the well-developed model- checker SMV, we implemented this tool with only 500 lines of code in Java. As an example, dead code detection is performed to some classes in the standard library, and relatively large classes can be analyzed in a few minutes. We explain the design and the implementation of the tool.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 山岡 裕司, 胡 振江, 武市 正人, 小川 瑞史, 情報処理学会論文誌:プログラミング, 44(SIG13(PRO18)), 2003, 25-37. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material: The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/4566
Material Type: publisher
Appears in Collections:b10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
9491.pdf278KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology