JAIST Repository >
School of Information Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/4578

Title: エキスパートの思考をモデルとしたゲーム木探索の方式
Authors: 飯田, 弘之
小谷, 善行
Issue Date: 1992-11-15
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会論文誌
Volume: 33
Number: 11
Start page: 1296
End page: 1305
Abstract: 現在のゲーム木探索理論は,各局面ごとの可能な合法手の数が少ないオセロやチェスに大きな成果をもたらした.しかし,その成果をそのまま将棋や囲碁で用いて,良質な評価を得るまで先読みすると組み合わせ爆発が生じる.ここでは,こうした合法手数が多いゲームにも適用可能なゲーム木探索の方式を提起する。まず本方式を考案するにあたって,将棋を題材として,プロ棋士らの専門家の思考法を収録した.それを分析した結果,特徴的に現れる現象から,「先読み中の探索空間の共有」という考えを導いた、これは別の局面で発見した手(手段)を現在局面などで活用すること等'人間的な思考の動きを反映したものであるさらに,この考えを利用した前向き枝刈りによるゲーム木探索法を提案した.本手法は,一度先読みして得た「別」の局面において発見した良手を,先読み手候補として選択する方式である・本手法と,従来の前向き枝刈り法を専門家の評価および実際の対戦において比較した.その結果,本方法のほうが従来のものより良いことが確認され,意味深い好手など,高品質の手が実際に生成され,強さに寄与することがわかった。また,チェスなどで一般に行われる(合法手をすべて読む)全幅探索に対して共有の考えを導入する方法を示た.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 飯田弘之 小谷善行, 情報処理学会論文誌, 33(11), 1992, 1296-1305. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material: The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/4578
Material Type: publisher
Appears in Collections:b10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
9521.pdf890KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology