JAIST Repository >
School of Knowledge Science >
Articles >
Journal Articles >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/7813

Title: グループ間コミュニケーション支援のためのインターグループウェアの提案
Authors: 平井, 千秋
藤波, 努
森本, 由起子
Issue Date: 2007-01-15
Publisher: 情報処理学会
Magazine name: 情報処理学会論文誌
Volume: 48
Number: 1
Start page: 16
End page: 29
Abstract: 知識集約型組織においてコミュニケーションマネジメントが重要であることは,組織論,経営論などの社会学系諸学問において古くから認識され,ケーススタディに基づくいくつかの知見が得られている.近年の情報通信技術の発展は有用なコミュニケーション支援システムを生み出しているが,社会学系の知見を基本理論として取り入れる研究はまだ緒についたばかりである.本論文では,組織コミュニケーション理論の基本的な概念である"境界連結者"に着日し,境界連結者を支援することによりグループ間コミュニケーションの円滑化を図るインターグループウェア(Inter-groupware)を提案する.グループ間の効果的なコミュニケーションには,境界連結者と呼ばれる特別な役割を持った個人が鍵であるとするのが,組織論の1つの成果である.本論文では,境界連結者の概念を拠り所として,インターグループウェアの基本要件を提案する.プロタイタイプを構築し,モデル組織に対しインターグループウェアを適用し評価した.その結果,境界連結者と一般のメンバとでは共有を期待する情報の種類が異なり,境界連結者は,特にインターグループウェアにより支援できることが明らかになった. : We propose a new concept, inter-groupware, as an information control mechanism between multiple groups. Communication management is a key issue in improving the performance of knowledge intensive organizations. Numerous studies have been conducted on this topic, and the mechanism of communication is becoming better understood. Social scientists argue that effective communication is not just arbitrary information exchanging. Instead, good communication exhibits some distinctive patterns. We aim to bring social scientific insights into IT-based groupware. We describe inter-groupware that supports some members of an organization who have specific roles in terms of communication, called "boundary spanners." These people are considered as playing key roles in achieving efficient communication between groups. Based on previous work in the communication management field, we discuss fundamental requirements for the inter-groupware. We also report how we developed a prototype system and applied it to a model system, as well as its effect through user questionnaires.
Rights: 社団法人 情報処理学会, 平井千秋/藤波努/森本由起子, 情報処理学会論文誌, 48(1), 2007, 16-29. ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material: The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10119/7813
Material Type: publisher
Appears in Collections:a10-1. 雑誌掲載論文 (Journal Articles)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
A11392.pdf727KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology