JAIST Repository >
School of Information Science >
JAIST Research Reports >
Research Report - School of Information Science : ISSN 0918-7553 >
IS-RR-2001 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/8395

Title: 超並列計算機におけるハードウェア高速化によるシステム性能の評価
Authors: 井口, 寧
黒川, 原佳
松澤, 照男
Issue Date: 2001-12-12
Publisher: 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科
Magazine name: Research report (School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology)
Volume: IS-RR-2001-027
Start page: 1
End page: 13
Abstract: 本論文では,CRAY-T3EおよびCRAY-T3E/1200Eにおける,超並列システムのCPUのクロック速度とプロセッサ間通信速度の向上によるシステム全体の性能向上について検討する。システム全体の性能は,CPUクロックの他,相互結合網の通信速度やメモリなど他の要素が影響するため,CPUクロック速度の向上に対して線型的な性能向上は望めない。また,通信速度の向上は,並列処理を行なう場合にはじめて効果が現われるため,アプリケーションプログラムを実行する上での性能向上に対する複合的な要因を評価する必要がある。検討に用いるベンチマークプログラムは,様々な評価が可能なNAS Parallel Benchmark (NPB) を用いた。その結果,CPUクロック速度が2倍,通信速度が1.35倍向上したシステムで,平均40%程度の性能向上が得られることが分かった。
URI: http://hdl.handle.net/10119/8395
Material Type: publisher
Appears in Collections:IS-RR-2001

Files in This Item:

File Description SizeFormat
IS-RR-2001-027.pdf820KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology