JAIST Repository >
School of Information Science >
JAIST Research Reports >
Research Report - School of Information Science : ISSN 0918-7553 >
IS-RR-1996 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10119/8425

Title: PCTEによるCASEツールの統合とその応用
Authors: 池田, 克則
落水, 浩一郎
Issue Date: 1996-03-18
Publisher: 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科
Magazine name: Research report (School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology)
Volume: IS-RR-96-0010S
Start page: 1
End page: 72
Abstract: 本論文では、PCTE(Portable Common Tool Environment)を用いて、商用CASEツールのデータを統合する手段を論じたものである。様々な統合技術の調査及び開発を紹介しつつ、その結果をStP/OMTとObjectCenterの統合にまとめる。上流工程と下流工程のCASEツールをデータ統合することにより、作業の連続性の保証と変更の波及の追跡が容易に分かることが期待される。本論文ではそれを交換するためのスキーマ例の結果も示す。さらに、このツールを用いて実際のソフトウェアの開発を行ない、それに基づいて統合ツールの問題点を分析しつつ、ツール統合のありかたについて提案する。
URI: http://hdl.handle.net/10119/8425
Material Type: publisher
Appears in Collections:IS-RR-1996

Files in This Item:

File Description SizeFormat
IS-RR-96-0010S.pdf3809KbAdobe PDFView/Open

All items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved.

 


Contact : Library Information Section, Japan Advanced Institute of Science and Technology