JAIST Repository >
b. 情報科学研究科・情報科学系 >
b50. 科学研究費助成事業研究成果報告書 >
平成20年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10119/8461

タイトル: 変調伝達関数に基づいたブラインド残響音声回復法に関する研究
その他のタイトル: Study on the blind speech dereverberation method based on the Concept of Modulation Transfer Function
著者: 鵜木, 祐史
著者(別表記): UNOKI, MASASHI
キーワード: 変調伝達関数
残響音声
残響除去
音声明瞭度
逆フィルタ
パワーエンベロープ
キャリア
基本周波数推定
発行日: 10-Jun-2009
抄録: 本研究では,音声明瞭度に関係づけられた変調伝達関数の概念に基づき,室内伝達特性を測定することなく,ブラインドで残響音声を回復する方法を提案した.提案法は,適切な時間・周波数領域におけるパワーエンベロープ逆フィルタ処理とキャリア再生成処理で構成された.人工・実残響環境において大規模評価実験を行った結果,提案法が残響によって著しく低下した音声明瞭度ならびに音声認識率を効果的に改善できることを明らかにした.
記述: 研究種目:若手研究(A)
研究期間:2006~2008
課題番号:18680017
研究者番号:00343187
研究分野:総合領域
科研費の分科・細目:情報学 知覚情報処理・知能ロボティクス
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10119/8461
出現コレクション:平成20年度 (FY 2008)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
18680017seika.pdf297KbAdobe PDF見る/開く

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 


お問い合わせ先 : 北陸先端科学技術大学院大学 研究推進課図書館情報係